乾燥肌、敏感肌は食べ物も関係している?|体質改善について

乾燥肌・敏感肌が改善しない理由のひとつは食べ物?

乾燥肌に良い食べ物

肌トラブルに悩む人の多くは、化粧品や洗顔料といった外からのスキンケアにばかり目を向けがちです。特に乾燥肌や乾燥による敏感肌の方は、とにかく保湿しようとスキンケアの成分に気を配っていることでしょう。

 

しかし、それだけではなかなか肌質が改善しないと頭を抱えている方も多いはずです。実は乾燥肌・敏感肌には身体の内部にある問題が関わっていることが多いのです。

 

もちろん化粧品選びも重要なのですが、それと同様に身体の中に取り入れる食べ物にも注意する必要があるのです。では早速、乾燥・敏感肌と食べ物の関係について見ていきましょう。

 

食生活を見直そう!乾燥肌・敏感肌に良くない食べ物とは?

身体を冷やす=血行に良くない食べ物

  • 生野菜(レタス、きゅうり、トマト等)
  • 冷たい飲み物

⇒これらは必ずしも食べてはいけないというわけではありません。しかし摂り過ぎると身体を冷やし、血行が悪くなって肌の新陳代謝が低下してしまいます。特に冷蔵庫で冷やした飲み物ばかり飲むのは要注意です。

 

炭水化物・脂質が多い食べ物

  • ご飯、パン、麺類(パスタ、ラーメン)
  • 肉類

⇒栄養バランスのとれた食事がとりづらい現代人の食生活の中で、ついつい食べ過ぎてしまうのが炭水化物です。野菜や海藻類をほとんど摂らずに炭水化物ばかり食べてしまうという方は多いのではないでしょうか。また、脂質の多い部位の肉やラーメンのスープなども食べ過ぎは危険です。こういった食事を取り続けていると、肌を生成するのに必要な栄養素が不足してしまいます。

 

アルコール・カフェイン

  • コーヒー
  • お酒

⇒刺激物ですので摂り過ぎは肌にとって良くありません。摂り過ぎると肌をきれいに保つために必要なミネラルやビタミンが排出されてしまい、肌荒れを引き起こす原因となります。特にお酒はアルコールを分解するために水分が使われるので、身体そのものが水分不足になり、肌の乾燥を招くことになります。

 

体質改善するために摂るべき栄養素とは?

ビタミンA・・・ターンオーバーを促し新しい皮膚を生成する

例:緑黄色野菜、レバー、たまご、焼海苔など

ビタミンB群・・・粘膜を健康に保つ

例:たまご、レバー、大豆製品、豆類など

ビタミンC・・・コラーゲン生成を促し、肌の老化を防ぐ

例:かんきつ類、キウイ、いちご、アセロラ、ブロッコリーなど

ビタミンE・・・若々しい肌を保つ、老化防止

例:玄米、オオムギ、アボカド、ナッツ類、ウナギ、植物油など

亜鉛・・・細胞の合成を活発化する

例:ほたて、牡蠣、レバー、納豆、たまご、玄米など

 

食事で体質改善して乾燥肌・敏感肌を治そう!

乾燥肌に良い食べ物

日頃何気なくとっている食事が肌トラブルの原因になることもあるということがおわかりいただけたかと思います。

 

乾燥・敏感肌にお悩みの方は是非毎日の食生活を見直し、外側からのケアだけでなく、身体の内側から体質改善に努めましょう。

 

よく読まれている記事

 

 

TOP⇒オールインワンゲル

関連ページ

乾燥肌の原因を理解して潤いのあるお肌を取り戻そう!
乾燥肌の原因からその対策方法、取り入れたい美容成分などを詳しくご紹介しています。乾燥肌の方は是非参考にして下さい。
乾燥肌にはセラミドを与える高保湿ケアをしよう!
乾燥肌というのは、肌の水分を蓄えておくことができない隙間だらけの肌状態ということです。この隙間を埋めてくれるのがセラミドです。乾燥肌はセラミドで高保湿ケアをしましょう。
お肌のバリア機能を高めるだけでこんなに違う!乾燥肌対策!
乾燥肌対策として「肌のバリア機能」を高めるケアがあります。肌のバリア機能を高めることで、乾燥肌対策だけではなく、肌トラブルも防ぐことができます。ここでは、バリア機能の低下の原因から高めるケア方法までご紹介します。
乾燥肌にはコラーゲン?!コラーゲンを含む食べ物と化粧品まとめ
乾燥肌にはコラーゲンが良い!と耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?実際のところはどうなのでしょうか?ここでは、乾燥肌へのコラーゲンの働きから、コラーゲンを含む食べ物、化粧品の選び方についてご紹介しています。
乾燥肌は皮脂を抑える?乾燥肌と皮脂の関係とは?
乾燥肌の改善には皮脂を抑えることが大切?皮脂の役割とはなんでしょうか?ここでは、乾燥肌と皮脂の関係について詳しくご紹介しています。
乾燥肌にはどんな日焼け止めを使えばいい?
紫外線は乾燥肌の大敵です。しっかり紫外線対策をしないと、シミ、シワ、たるみの原因になってしまいます。そこで、乾燥肌の方はどのように日焼け止めを選び、使えばいいのかをご紹介します。