乾燥肌にはセラミドを与える高保湿ケアをしよう!

乾燥肌でお悩みの方に知ってほしい!乾燥の救世主『セラミド』

どんな化粧品を使っても肌がカサついてしまう・・・。乾燥肌でお悩みの方は多いと思います。いつも潤っていてハリのある若々しい肌に憧れますよね。

 

今までいろんなスキンケアを試してきたけれど、どれも乾燥を改善するに至らなかったという方は、是非『セラミド』をスキンケアに取り入れてみて下さい。

 

セラミドとは肌を乾燥から守ってくれる救世主のような存在です。その優れた効果についてご説明していきます。

 

セラミドってどんな成分?

セラミドとは本来人間の肌を構成する成分のひとつで、細胞の隙間に水分や油分を閉じ込め、乾燥や紫外線などの外敵刺激から肌を守ってくれる保湿成分です。

 

その保湿効果は非常に高く、ヒアルロン酸よりも高いといわれています。セラミドは潤いを閉じ込めるだけでなく、肌が本来もっているバリア機能を正常にするために必要なものです。

 

なぜなら肌のバリア機能をつかさどる細胞間脂質のおよそ半分はセラミドで出来ているからです。健康な肌を保つためにはこのセラミドがとても重要なのです。

 

セラミドが減少すると肌はどうなるの?

セラミドが減少した肌はバリア機能が低下し、外部からの刺激を防ぐことができなくなり、水分がどんどん外へと逃げ出していきます。

 

こうして潤いを失ったカサカサ肌が出来上がるわけです。セラミドが不足した状態が長く続くと、敏感肌が悪化してアトピーを引き起こす可能性もあります。

 

年齢肌にはセラミドとコラーゲン?たった2つのでここまで変わる!

 

美肌成分セラミド化粧品の選び方は?

では、肌のバリア機能を正常化し、潤いをキープしてくれる美肌成分セラミドが配合された化粧品をどんなポイントで選べばいいのでしょうか?

 

近年セラミドが入った化粧品は種類が増え、いろんなところで見かけるようになりました。しかし、以下のポイントを押さえて選ぶようにすると、セラミドの本当の効果が実感しやすくなります。

 

天然のセラミドを選ぶ

セラミドには種類があり、天然のものやセラミドに似た“疑似”と呼ばれるものもあります。お肌が一番吸収しやすいのはもちろん自然に生まれた天然のセラミドです。セラミドの効果を最大限に活用するには天然のセラミドを選ぶことをおすすめします。

 

他の成分の刺激が少ないものを選ぶ

セラミドそのものは肌への刺激がなくても、化粧品に含有されている他の成分に化学成分が多く含まれているならば、刺激が強い可能性もないとはいえません。はやく乾燥を改善したいのであれば、セラミド以外の成分に気をつけて選ぶ必要があります。

 

高評価な天然セラミド配合、肌に優しいオールインワンゲル
セラミドを活用して美肌づくりを目指そう!

 

乾燥を根本から改善するには、ただ水分補給を行うだけでなく、肌本来が持っているバリア機能を高めてくれるようなスキンケアが効果的です。

 

すなわち、セラミドが持っている効果を利用することがとても有効なのです。早速毎日のスキンケアにセラミドを活用して、美しい肌を取り戻してみませんか。

 

 

オールインワンゲル化粧品悩み別・年代別・肌質別

 

 

TOP⇒オールインワンゲル

関連ページ

乾燥肌の原因を理解して潤いのあるお肌を取り戻そう!
乾燥肌の原因からその対策方法、取り入れたい美容成分などを詳しくご紹介しています。乾燥肌の方は是非参考にして下さい。
乾燥肌、敏感肌は食べ物も関係している?|体質改善について
乾燥肌、敏感肌と食べ物の関係について解説しています。乾燥肌や敏感肌の改善を身体の内側から行うためにも食生活の改善がとても重要になります。是非参考にして下さい。
お肌のバリア機能を高めるだけでこんなに違う!乾燥肌対策!
乾燥肌対策として「肌のバリア機能」を高めるケアがあります。肌のバリア機能を高めることで、乾燥肌対策だけではなく、肌トラブルも防ぐことができます。ここでは、バリア機能の低下の原因から高めるケア方法までご紹介します。
乾燥肌にはコラーゲン?!コラーゲンを含む食べ物と化粧品まとめ
乾燥肌にはコラーゲンが良い!と耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?実際のところはどうなのでしょうか?ここでは、乾燥肌へのコラーゲンの働きから、コラーゲンを含む食べ物、化粧品の選び方についてご紹介しています。
乾燥肌は皮脂を抑える?乾燥肌と皮脂の関係とは?
乾燥肌の改善には皮脂を抑えることが大切?皮脂の役割とはなんでしょうか?ここでは、乾燥肌と皮脂の関係について詳しくご紹介しています。
乾燥肌にはどんな日焼け止めを使えばいい?
紫外線は乾燥肌の大敵です。しっかり紫外線対策をしないと、シミ、シワ、たるみの原因になってしまいます。そこで、乾燥肌の方はどのように日焼け止めを選び、使えばいいのかをご紹介します。