乾燥肌 コラーゲン

乾燥肌にコラーゲンはどんな効果があるの?!

ハリ・ツヤのある若々しい肌を保つために欠かせないコラーゲン。

 

ドラッグストアでもコラーゲン配合と書かれたコスメが並んでいて、それらを使えばいかにもプルプル肌をキープできそうな気がしますね。

 

果たしてコラーゲンは期待どおりの効果が得られるでしょうか。今回は、コラーゲンの特徴と上手な使い方を紹介します。

 

コラーゲンの働きは?美容に乾燥肌にどういいの?

コラーゲンはタンパク質の一種で、皮膚、骨、関節、血管、内臓、髪、爪など体のほとんどの部位に含まれています。

 

細胞と細胞をつないで臓器や組織を形づくり、外圧に耐えられる強度やしなやかさを維持しています。

 

体内コラーゲンのうちで最も多く含まれているのが皮膚の真皮です。そこでコラーゲンは、弾力や伸縮性のあるエラスチンと、高い保水力をもつヒアルロン酸とともに結合組織をつくり、肌を下から支えてハリやうるおいを与える働きをしています。

 

この3つの成分は真皮に分布する肌細胞(線維芽細胞)から生成され、古くなると肌細胞に分解されて処理されます。

 

この新陳代謝がスムーズに行われることによってプルプル肌、しっとり肌が保たれるのですが、残念ながら肌細胞は25歳ごろをピークに衰え始めます。

 

肌細胞の数そのものも減っていくため新陳代謝が悪くなり、コラーゲンやエラスチンの生成量が減り、分解されずに残ってしまったものは変性・劣化していきます。

 

そうなると肌を支えきれなくなり、たるみやシワなどができて、乾燥も進んでしまいます。

 

こうした肌老化を遅らせるには、真皮の主役であるコラーゲンを増やすこと。それには肌細胞を増やして活性化することが必要です。

 

コラーゲンを食べ物で増やすことができる?

細胞を増やすには、コラーゲンを含む食品を摂るのが手っ取り早いように思います。たとえばフカヒレスープ、あのプルプルした見た目はいかにも肌によさそうです。

 

たしかにコラーゲンが豊富な食材ですが、それを食べたからといって真皮のコラーゲンになるわけではありません。

 

なぜかというと、コラーゲンの原料であるタンパク質は、小腸で分解されてアミノ酸となって全身に送られるのですが、アミノ酸は種類が多く、コラーゲンに再合成されるアミノ酸とされないアミノ酸があるからです。

 

再合成されるとしても、コラーゲンを必要としている関節や血管、骨などが優先され、真皮は後回しにされやすいのです。

 

このように、コラーゲンは美肌の特効薬とは言いきれないのですが、真皮に届かなくても、加齢とともにもろくなる骨や血管、筋肉などでコラーゲンの合成に役立つことになりますから、食べ物や飲み物からコラーゲンを摂ることは大いに意義があります。

 

コラーゲンを含む食品と上手な摂り方は?

コラーゲンを含む食材の特徴は、加熱調理をして冷めたときにゼラチン(煮こごり)ができるものです。

 

牛筋、モツ、鶏の手羽先、カレイなどの白身魚がそうです。煮こごりは苦手という人も少なくないようですが、美容と健康のためにもぜひ食べるようにしましょう。

 

いろいろなタンパク質食品を摂る

アミノ酸には体内で合成されないもの(必須アミノ酸)と、合成されるもの(非必須アミノ酸)があります。コラーゲンは非必須アミノ酸です。

 

ですから、外からコラーゲンを補給しなくても、いろいろなタンパク質を含む食品をバランスよく摂っていれば、体内で自然にコラーゲンが生成されることになります。

 

ビタミンCと一緒に摂る

体内でコラーゲンを合成する酵素を補助するのがビタミンCです。野菜や果物と一緒に摂取するとコラーゲンが安定します。

 

脂肪の多い食品は控える

脂肪分の多い食材は、活性酸素を無害化する抗酸化物質を必要以上に消費してしまいます。また、脂肪が皮膚に蓄積すると、その重みでたるみやシワが出やすくなります。

 

糖質の多いものも控える

甘いものは、コラーゲンの糖化を招きます。糖化するとコラーゲンが硬くなり、弾力が失われてしまいますから、できるだけ控えるようにしましょう。

 

コラーゲンを多く含む食品

動物性食品 海洋性食品 その他
  • ウナギ
  • 牛筋
  • 鶏軟骨
  • 鶏手羽先
  • 鶏モモ
  • 豚バラ
  • 豚小間

など

  • スッポン
  • フカヒレ
  • エイヒレ
  • サケ(皮つき)
  • ヒラメ
  • カレイ
  • エビ
  • クラゲ

など

  • ゼラチン
  • ゼリー
  • プリン
  • 杏仁豆腐

など

 

コラーゲン配合の化粧品とは?

コラーゲン配合の化粧水や美容液が販売されていますが、一般的な化粧品は、コラーゲンの分子が大きくて皮膚の内部まで届くことができません。

 

肌の表面をうるおし、乾燥から肌を守る効果はありますが、それも一時的なものです。コラーゲン化粧品は、あくまでもコラーゲンの優れた保湿力を応用したもので、真皮のコラーゲンを増やしたり活性化したりするものではありません。

 

ナノコラーゲンとは?

コラーゲンの分子を小さくしたナノコラーゲン配合の化粧品は、角質層まで浸透するように改良されたものです。

 

分子が小さくなっても保湿力は残るため、角質層での保湿効果が期待できます。ただ、これも水分が一時的に増えるだけで、乾燥肌の改善に効果的というレベルまではいきません。

 

まとめ

コラーゲン配合の化粧品は、コラーゲンそのものを補うものではなく、コラーゲンの「水分を吸収して蓄える力」を応用して作られた保湿化粧品といえます。

 

乾燥肌の原因は、単なる水分不足ではなく、セラミドなどの天然の保湿成分の不足なのですから、そちらへのアプローチをしっかり行うようにしたいですね。

 

乾燥肌におすすめ!ナノコラーゲンやセラミドを配合した高保湿ケアができるオールインワンゲル

 

美容業界注目の高保湿成分「プロテオグリカン」を配合したオールインワンゲル。コラーゲンやヒアルロン酸ももちろん配合しています。

 

また、ユーグレナエキスとプラセンタエキスで肌のベースをつくり、ハリ、弾力を与えてくれます。

 

 

CMでお馴染みのパーフェクトワンです。ナノコラーゲン、セラミド123を配合し、徹底した保湿ケアができるオールインワンゲルです。

 

乾燥肌のケア、エイジングケアとしておすすめできます。

 

高濃度セラミド、コラーゲンを配合した人気1のオールインワンゲルです。

 

66種類の美容成分を配合し、エイジング、美白などトータルにケアすることが出来ます。

 

 

オールインワンゲル化粧品|乾燥肌におすすめはこれ!

 

TOP⇒オールインワンゲル

関連ページ

乾燥肌の原因を理解して潤いのあるお肌を取り戻そう!
乾燥肌の原因からその対策方法、取り入れたい美容成分などを詳しくご紹介しています。乾燥肌の方は是非参考にして下さい。
乾燥肌にはセラミドを与える高保湿ケアをしよう!
乾燥肌というのは、肌の水分を蓄えておくことができない隙間だらけの肌状態ということです。この隙間を埋めてくれるのがセラミドです。乾燥肌はセラミドで高保湿ケアをしましょう。
乾燥肌、敏感肌は食べ物も関係している?|体質改善について
乾燥肌、敏感肌と食べ物の関係について解説しています。乾燥肌や敏感肌の改善を身体の内側から行うためにも食生活の改善がとても重要になります。是非参考にして下さい。
お肌のバリア機能を高めるだけでこんなに違う!乾燥肌対策!
乾燥肌対策として「肌のバリア機能」を高めるケアがあります。肌のバリア機能を高めることで、乾燥肌対策だけではなく、肌トラブルも防ぐことができます。ここでは、バリア機能の低下の原因から高めるケア方法までご紹介します。
乾燥肌は皮脂を抑える?乾燥肌と皮脂の関係とは?
乾燥肌の改善には皮脂を抑えることが大切?皮脂の役割とはなんでしょうか?ここでは、乾燥肌と皮脂の関係について詳しくご紹介しています。
乾燥肌にはどんな日焼け止めを使えばいい?
紫外線は乾燥肌の大敵です。しっかり紫外線対策をしないと、シミ、シワ、たるみの原因になってしまいます。そこで、乾燥肌の方はどのように日焼け止めを選び、使えばいいのかをご紹介します。