乾燥肌の原因を理解して潤いのあるお肌を取り戻そう!

乾燥肌の原因って何?乾燥肌を防ぐ対策方法をご紹介!

乾燥肌の原因

乾燥肌になると、様々な肌トラブルが起こりやすくなることをご存知でしたか?顔のシワはもちろん、シミにニキビに・・・とあげればキリがありません。

 

乾燥から肌を守ることは健やかなお肌つくりの基本なのです。ここでは、乾燥肌になってしまう原因と対策についてご紹介します。

 

正しい乾燥肌ケアを学んで、美肌をキープしましょう!

 

乾燥肌は全ての肌トラブルの原因です!

乾燥によって引き起こされる肌トラブル

お肌の乾燥によって肌のバリア機能が失われると、外からの刺激に敏感になり、炎症を起こしやすく雑菌も繁殖しやすくなり、ニキビの原因となります。

 

また、乾燥肌は紫外線にも敏感になるので日焼けをしやすくなり、シミをはじめとした肌トラブルが起こりやすくなり、肌の老化を進めてしまいます。

乾燥肌を引き起こす原因とは?

乾燥肌とは、肌の最も外側にあり、外部の刺激から皮膚を守ってくれる角層の水分量が少なくなった状態を指します。

 

この角層の水分量を維持してくれるのが、「細胞間脂質」と呼ばれる脂質で、主な成分はセラミドになります。

 

しかし、ターンオーバーの乱れや加齢などの原因でセラミドの量が減少してしまうと、角層の水分量も減少し、乾燥肌になってしまいます。

 

肌の潤いのメカニズム

お肌の潤いはセラミドが鍵!

乾燥肌を引き起こす原因がセラミドの減少であるとお話しましたが、肌の潤いとセラミドの関係について、もう少し詳しく説明していきますね。

 

肌の表皮細胞は、基底層と呼ばれる表皮と真皮の境目にある部分で生み出され、徐々に角層へと押し上げられ、最後には垢となって剥がれ落ちていきます。

 

これを肌のターンオーバーといいます。

 

この間に細胞内ではセラミドなどの脂質が合成されていき、細胞が死んで角質細胞となる瞬間に細胞の外へと放出され、細胞の周りを埋め尽くします。

 

これが先ほど乾燥肌の原因の説明にも出てきた「細胞間脂質」と呼ばれる脂質で、角層細胞同士をつなぎとめ、更に水分をサンドイッチ上に挟み込む働きをしています。

 

セラミドはこの「細胞間脂質」の主成分として、肌のうるおいを保つ役割を担っています。

 

セラミドの水分保持能力は非常に高く、セラミドに挟み込まれた水は湿度が0%になっても蒸発しませんし、気温が-20度になっても凍ることがありません。

 

また、実験的に人間の肌からセラミドを取り除いてしまうと、なんと肌の水分量が80%も低下してしまうそうです。つまり、セラミドだけで肌の水分の80%をキープしているということになります。

 

脱乾燥肌!乾燥肌の原因を取り除いてお肌の潤いをキープしよう

乾燥肌を防ぐためには、スキンケアで肌のセラミドをいかに減らさないかがポイントとなります。続いては、乾燥肌にならないためのお勧めのスキンケア方法についてご紹介していきたいと思います。

 

クレンジング・洗顔はやり過ぎない

クレンジングと洗顔は必要なスキンケアですが、やりすぎると当然お肌に必要なものまで洗い流してしまう恐れがありますので、クレンジング剤は洗浄力が強すぎるものを使うのは避けましょう。

 

ウォータープルーフの日焼け止めなどはオイルタイプのクレンジング剤などでないと落としきれませんが、普段のメイクで使用しているファンデーションであれば、そこまで洗浄力が強い必要はありません。

 

リキッドファンデーションであれば、クリームタイプのクレンジング剤で十分落とすことができます。また、アイメイクは予め専用のクレンジング剤で落としておくなどして、肌全体のクレンジングにかける時間もなるべく短くするようにすると良いでしょう。

 

大体30~40秒程度を目安にクレンジングを終えて洗い流すようにしましょう。

 

保湿美容液でセラミドをしっかり補給

洗顔の後は保湿をしっかりと行いましょう。その際にお勧めなのがセラミドを配合した保湿美容液です。

 

化粧品に配合される成分には様々なタイプのセラミドがありますが、特にお勧めなのは、人の体内にあるセラミドと同じ成分の「ヒト型セラミド」と呼ばれるものです。

 

このヒト型セラミドは、化粧品のパッケージなどにある全成分表示欄にセラミド2、セラミド3、セラミドNP、セラミドEOPと言うようにセラミドの後に数字またはアルファベットがついている形で記載されていますので、簡単に見分けることができます。

 

セラミド配合の化粧品をお求めになる際に参考にしてみてください。

 

セラミド配合のおすすめオールインワンゲル

メディプラスゲル

美容成分を66種類配合し、人型セラミドも「セラミドNP」「セラミドAP」「セラミドEOP」を高濃度で配合しています。

 

モンドセレクションでも3年連続「金賞受賞」のとっても評判の良いオールインワンゲルです。

 

睡眠をしっかりとる

睡眠中は、起きている間に脳へ集中していた血液が一転して体の各所へと回り、酸素や栄養を送り組織の修復や再生が行われます。

 

肌も他の組織と同様に、新陳代謝や修復が行われますので、睡眠は美肌にとって大切な時間といえます。

 

しかし睡眠不足となってしまうと肌の再生が十分に行われず、結果として肌荒れや肌の老化を促進してしまうことになります。

 

また、睡眠中には肌のターンオーバーが進み、その際にセラミドが作られるので、しっかりと睡眠をとることは肌の潤いを守るためにもとても重要なのです。

 

特に眠りについて3時間がとても大切で、この間に分泌される成長ホルモンが若さを維持し、お肌を生み出すためにとても大切な役割を担っています。

 

さらに、成長ホルモンは加齢とともにその分泌量が減少するといわれますので、年齢を重ねれば重ねるほど、睡眠は大切になっていきます。そこで、良質な睡眠をとるためのポイントをご紹介します。

 

  • 睡眠は1日6時間確保するようにする。
  • 就寝前のパソコンやスマートフォンの使用は脳を覚醒させてしまうので控える。
  • 眠る部屋の明かりは薄暗い程度か真っ暗な状態にする。
  • お風呂は眠りにつく2時間前までに入っておく。
  • 寝酒はかえって睡眠の質を低下させてしまうので控える。
  • 睡眠前の軽いストレッチなどもお勧め。

 

セラミド以外のオススメ保湿成分

ヒト型セラミドは保湿効果抜群ではありますが、少し高価なところが難点です。そこで、セラミド以外にもお勧めしたい保湿成分をいくつかご紹介したいと思います。

 

セラミド同様に水分を挟み込むことができる成分

セラミド以外の細胞間脂質である、スフィンゴ脂質(スフィンゴリピッド)や、水素添加大豆レシチン、ステアリン酸コレステロールなどがお勧めです。

 

水分保持力のある成分

ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどには強い保湿力がありますし、価格も安価なため比較的手に取りやすく、お勧めです。

 

その他のお勧め保湿成分

多くの化粧品に配合されているグリセリンは低刺激ですし、ヒアルロン酸と併用することで保湿力がアップします。また、プラセンタは保湿作用だけでなく美白作用も期待できる成分として、アンチエイジング目的の化粧品に配合されています。

 

天然保湿因子(NMF)として知られるアミノ酸、尿素、PCA(ピロリドンカルボン酸)もセラミドには劣りますが、角層の水分保持の一役を担っている成分ですのでお勧めです。

 

保湿力の高いオールインワンゲル

7種類の潤いキープ成分(酵母エキス、アルゲエキス、ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワラン、プロテオグリカン、クロレア)を配合!

 

特にプロテオグリカンは美容業界でも話題の美容成分で保湿力が高いことはもちろん、肌のターンオーバーを促すEGF様作用、抗炎症作用、免疫作用なども認められています。

 

まとめ

生活習慣からお勧めの美容成分まで、乾燥肌の原因をシャットアウトするためのコツをつかんで頂けたでしょうか?どれか1つからでもかまいませんのでぜひ試してみてくださいね。

 

美容成分については、化粧品のパッケージや商品の紹介サイトで確認することができます。

 

化粧品は配合されている成分を全て記載することが義務付けられています(医薬部外品は業界の自主基準)ので、どの商品でも確認することができます。

 

小さい文字で沢山書かれているのでとっつきにくい印象があるかと思いますが、あなたのお肌にとって大切な情報が満載ですので、一度手にとってご覧になってみてください。

 

オールインワンゲル化粧品|乾燥肌におすすめはこれ!

 

TOP⇒オールインワンゲル

 

参考文献

・素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典 吉木伸子著 発行所;(株)池田書店
・日経ヘルス 2016年10月号 発行所;日経BP社

関連ページ

乾燥肌にはセラミドを与える高保湿ケアをしよう!
乾燥肌というのは、肌の水分を蓄えておくことができない隙間だらけの肌状態ということです。この隙間を埋めてくれるのがセラミドです。乾燥肌はセラミドで高保湿ケアをしましょう。
乾燥肌、敏感肌は食べ物も関係している?|体質改善について
乾燥肌、敏感肌と食べ物の関係について解説しています。乾燥肌や敏感肌の改善を身体の内側から行うためにも食生活の改善がとても重要になります。是非参考にして下さい。
お肌のバリア機能を高めるだけでこんなに違う!乾燥肌対策!
乾燥肌対策として「肌のバリア機能」を高めるケアがあります。肌のバリア機能を高めることで、乾燥肌対策だけではなく、肌トラブルも防ぐことができます。ここでは、バリア機能の低下の原因から高めるケア方法までご紹介します。
乾燥肌にはコラーゲン?!コラーゲンを含む食べ物と化粧品まとめ
乾燥肌にはコラーゲンが良い!と耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?実際のところはどうなのでしょうか?ここでは、乾燥肌へのコラーゲンの働きから、コラーゲンを含む食べ物、化粧品の選び方についてご紹介しています。
乾燥肌は皮脂を抑える?乾燥肌と皮脂の関係とは?
乾燥肌の改善には皮脂を抑えることが大切?皮脂の役割とはなんでしょうか?ここでは、乾燥肌と皮脂の関係について詳しくご紹介しています。
乾燥肌にはどんな日焼け止めを使えばいい?
紫外線は乾燥肌の大敵です。しっかり紫外線対策をしないと、シミ、シワ、たるみの原因になってしまいます。そこで、乾燥肌の方はどのように日焼け止めを選び、使えばいいのかをご紹介します。