乾燥肌 日焼け止め

乾燥肌を悪化させないために日焼け止めを使う!

シミ、シワ、たるみ、くすみなど、あらゆる肌老化の原因になる紫外線。

 

それを防ぐためにいろいろな日焼け止めが登場していますが、乾燥肌にやさしくて紫外線カット効果の高いものを探すとなるとなかなかむずかしいもの。

 

そこで今回は、日焼け止めの選び方と正しい使い方を紹介します。

 

紫外線による光老化とは?

健康な肌は、紫外線を浴びてもバリア機能によって拡散反射させたり、ある程度吸収しても深部まで透過するのを防いだりすることができます。

 

しかし、肌が乾燥してバリア機能が低下しているときは、紫外線が皮膚の真皮まで透過して、弾力を保つ線維のコラーゲンやエラスチンを破壊する酵素を増やします。するとコラーゲンは劣化し、エラスチンは線維が切断されてしまいます。

 

その結果、肌の弾力が失われ、シワやたるみが生じるようになります。こうした紫外線による肌のダメージを「光老化」といいます。

 

光老化は加齢現象としての肌老化とは異なり、皮膚が厚くなって色も濃くなるのが特徴です。また、肌老化を引き起こす原因を見ると、加齢現象が20%であるのに対し、光老化が80%も占めるという報告があります。

 

このように紫外線は肌の大敵で、紫外線対策こそ若々しい肌を保つためのキーポイントといえるのです。

 

日焼け止めについて知っておきたいこと

紫外線対策としては日焼け止め(サンスクリーン剤)がもっとも有効ですが、刺激の強いアイテムの1つですから、選ぶときの注意点を押さえておきましょう。

 

紫外線には2種類がある

紫外線にはいくつかの種類があり、地表に届くのは「UV‐A(A波)」と「UV‐B(B 波)」で、それぞれ強さや肌への影響度が異なります。

 

UV‐A

波長が長く、雲もガラス窓も透過するほど強く、肌では真皮まで届いてコラーゲンやエラスチンを破壊する酵素を増やす力があります。光老化をもたらすのはこのUV‐Aです。

 

UV‐B

波長は短いが攻撃力が強く、表皮まで届いて日焼けを起こします。このUV‐Bの害から肌を守ろうとしてメラニンが生成されるのですが、多量に作られると排泄しきれなくなり、シミの原因になってしまいます。

 

紫外線カット効果は数値や記号で示されている

日焼け止めには「SPF」「PA」という表記がされていますが、次のような意味があります。

 

SPF(Sun Protection Factor)

UV‐Bの防止効果を示す指標です。

 

ふだん使いの日焼け止めであれば、SPF15 〜20程度が適しています。

 

真夏の炎天下であればSPF30〜50程度で、数値が大きくなるほど紫外線カット効果は高くなりますが、それだけ肌への負担も大きくなります。

 

PA(protection grade off UVA)

UV‐Aの防止効果を示す指標です。

 

効果の高い順に「+++(非常に高い)」「++(高い)」「+(ふつう)」とランク付けされています。ふだんの紫外線ケアならPA+〜++が適しています。

 

30分以上紫外線を浴びるときは日焼け止めを

庭やベランダでガーデニングをしたり洗濯物を干したりするときでも、30分以上紫外線を浴びる場合は、日焼け止めを使うほうがいいでしょう。

 

ちょっとの時間だからと素肌のまま外に出ていると紫外線のダメージが蓄積されて、数年後にシミが一気に増えるという結果になりかねません。

 

室内で過ごすときも、紫外線は窓を透過しますから、日焼け止めは塗らないまでもカーテンやブラインドで遮光するなど、直接日に当たらないようにして過ごす工夫が必要です。

 

日焼け止めに含まれている成分は?

日焼け止めに配合されている成分には、紫外線吸収剤紫外線散乱剤があります。

 

紫外線吸収剤

吸収剤のほうは、紫外線を肌表面で吸収して熱エネルギーに換えて体内への侵入を防ぎます。

 

この成分によってアレルギー反応が起こり、肌荒れが起こることがあります。

 

紫外線散乱剤

散乱剤のほうは、肌の表面に薄い膜を作り、鏡のように紫外線を散乱・反射させるものです。吸収剤より刺激は穏やかですが、肌を乾燥させる場合があります。

 

このほか、使用感のよい日焼け止めには、合成ポリマーやシリコンなどが入っているものが多くなっています。

 

また、ノンケミカルと記されている日焼け止めもありますが、吸収剤が使われていないだけで散乱剤が配合されているものがありますから、安心とは言い切れません。

 

最近は、肌にやさしい日焼け止めが開発されていますが、このように肌への刺激が強いものが多いというのが実状です。かといってSPF・PA値の低いものを使い続けても意味がありませんので、シーンに合わせて適切なものを選ぶことが大切です。

 

日焼け止めの塗り方

  • @洗顔後、化粧水や美容液で肌を整えます。
  • A日焼け止めを手のひらに取り、肌にムラなく伸ばします。
  • B全体に塗り終えたら、もう一度重ね塗りをします。日焼け止めはあまり薄いと効果がないので、厚めに塗ることがポイントです。
  • C汗や水で流れ落ちるような場所であれば、2〜3時間おきに塗り直します。

 

日焼け止めはしっかり落とし、保湿ケアを十分に!

 

日焼け止めはファンデ―ションに近い成分です。寝る前には純石けんできれいに洗い落とし、保湿ケアをしっかり行う必要があります。

 

汗や水で落ちにくいウォータープルーフタイプであればなおのこと、ていねいに洗い流して、肌に成分を残さないことが大切です。

 

まとめ

紫外線は1年中、雨の日でも降り注いでいます。もっとも強いのが4月から9月にかけてですが、それ以外の季節でも、天候に応じて紫外線対策が必要です。

 

日焼け止めを塗るだけでなく、長袖の服、帽子、日傘、アームカバー、サングラスなどでガードして、なるべく肌を日に当てないようにしましょう。

 

おすすめ記事:オールインワンゲル化粧品|乾燥肌におすすめはこれ!

 

悩み別オールインワンゲル

しみオールインワンゲル

アンチエイジングオールインワンゲル

毛穴の開きオールインワンゲル

ニキビ予防オールインワンゲル

 

関連ページ

乾燥肌の原因を理解して潤いのあるお肌を取り戻そう!
乾燥肌の原因からその対策方法、取り入れたい美容成分などを詳しくご紹介しています。乾燥肌の方は是非参考にして下さい。
乾燥肌にはセラミドを与える高保湿ケアをしよう!
乾燥肌というのは、肌の水分を蓄えておくことができない隙間だらけの肌状態ということです。この隙間を埋めてくれるのがセラミドです。乾燥肌はセラミドで高保湿ケアをしましょう。
乾燥肌、敏感肌は食べ物も関係している?|体質改善について
乾燥肌、敏感肌と食べ物の関係について解説しています。乾燥肌や敏感肌の改善を身体の内側から行うためにも食生活の改善がとても重要になります。是非参考にして下さい。
お肌のバリア機能を高めるだけでこんなに違う!乾燥肌対策!
乾燥肌対策として「肌のバリア機能」を高めるケアがあります。肌のバリア機能を高めることで、乾燥肌対策だけではなく、肌トラブルも防ぐことができます。ここでは、バリア機能の低下の原因から高めるケア方法までご紹介します。
乾燥肌にはコラーゲン?!コラーゲンを含む食べ物と化粧品まとめ
乾燥肌にはコラーゲンが良い!と耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?実際のところはどうなのでしょうか?ここでは、乾燥肌へのコラーゲンの働きから、コラーゲンを含む食べ物、化粧品の選び方についてご紹介しています。
乾燥肌は皮脂を抑える?乾燥肌と皮脂の関係とは?
乾燥肌の改善には皮脂を抑えることが大切?皮脂の役割とはなんでしょうか?ここでは、乾燥肌と皮脂の関係について詳しくご紹介しています。