お肌のバリア機能を高めるだけでこんなに違う!乾燥肌対策!

肌のバリア機能を高めて乾燥肌を改善!

女性の敵である「乾燥肌」。お肌の乾燥がひどいと、毎日鏡をみることも嫌になってしまいますよね。

 

でも、お肌の「バリア機能」を高めれば、乾燥肌から脱出することができるのです。

 

ここでは「バリア機能」の仕組みから、「バリア機能」の高め方まで紹介。お肌の「バリア機能」を知り、明日から脱乾燥肌へ!!

 

知らなきゃ損!「バリア機能」と乾燥肌の関係性

お肌の乾燥肌の原因。それは「バリア機能」の低下です。では、「バリア機能」の仕組みとは一体どのようなものでしょうか。「バリア機能」の仕組みから理解していきましょう。

 

バリア機能の仕組み

私達の肌は、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」の順に3つの層になっています。その中でも一番上の層の「表皮」。この表皮の部分のさらに表面には、「角質層」という層があります。

 

この「角質層」の厚さは、0.02mm。例えると、サランラップの同じくらいの薄さです。この「角質層」は、外部からの刺激を跳ね返し、肌荒れや乾燥を防いでくれる重要な役目をもっています。

 

例えば、お風呂やプールに入ったときに、水はお肌の内側には入りこみませんよね?これはお肌の「バリア機能」があるため、水や異物が肌の中に入り込むのを防いでくれるからなのです。

 

また、「バリア機能」がしっかりしていると、「角質層」の中の細胞は、お肌の内側の水分が蒸発しないように保湿をしてくれるため、乾燥を防いでくれるのです。

 

「バリア機能」の低下の原因はこれだった!

お肌の「バリア機能」が低下してしまうと、今まで外部からの刺激を跳ね返していた機能が弱くなるため、皮膚の中に外からの異物が混入し、肌トラブルを起こしやすくなります。

 

さらには、お肌を保湿してくれた「角質層」の細胞も機能が低下。その結果、水分が蒸発しやすくなるために、乾燥肌を引き起こしてしまうのです。

 

乾燥肌から抜け出すには、バリア機能を高めることが最も近い方法になるのです。ではバリア機能を低下させる原因は何でしょうか。

 

紫外線がバリア機能を低下

紫外線を浴びると、バリア機能の低下をもたらします。紫外線を浴びた体内の細胞は、身体を守ろうとし、「活性酸素」を発生します。

 

一定の「活性酸素」は必要ですが、紫外線を浴びてできる「活性酸素」は体内で処理できる量以上のもの。

 

細胞に悪影響を及ぼします。その結果、バリア機能も低下、乾燥肌を引き起こすのです。

 

加齢がバリア機能を低下

年齢とともに、お肌のバリア機能も低下します。なぜなら、お肌の水分を維持してくれる成分(セラミド、コラーゲンなど)が減少するからです。

 

結果、バリア機能が低下し、乾燥肌が進行します。又、それだけでなく、乾燥肌が進み、しわも増えてしまうのです。

 

クレンジングや洗顔がバリア機能を低下

メイクをした後のクレンジングや洗顔。ついつい、奥につまった毛穴まで落とそうと力入れてしまいがちです。

 

でもこれが落とし穴。多くのクレンジングには、油性でできている化粧を浮き上がらせるための「界面活性剤」がはいっています。

 

この成分が、お肌にダメージを与え、バリア機能を低下させる原因に。できるだけ、「界面活性剤」が入っていないものを選ぶことがベストです。

 

バリア機能を正常にし、乾燥肌から脱出するには?!

「バリア機能」が正常に機能していれば、乾燥することなく潤いの美肌を手にいれることができます。では、「バリア機能」を正常に戻すにはどうしたらよいのでしょうか。

 

ここでは、正常に戻すための方法を紹介します。

 

正しいクレンジングや洗顔を知る

人の顔の皮膚の厚さは0.02mmほど。とても薄いのです。

 

洗顔するときは、しっかりと泡立て、泡でお肌を覆うようにやさしく洗うことが大切です。洗うお湯の温度もポイント。

 

熱すぎるお湯は、皮脂を落としすぎてしまい、バリア機能を低下させることに。ぬるま湯で洗うように心がけましょう。

 

紫外線を予防

外出する際は、紫外線予防をするなど対策をし、普段使用するスキンケア商品にもシミを予防できるものを取り入れるとよいでしょう。

 

バリア機能を香りや食事の効果を取り入れる

実はストレスも、バリア機能を低下する要因の1つといわれています。ストレスや睡眠不足によって、皮膚の温度が低下し、肌の血行が悪くなるからです。

 

そして、この「肌冷え」が、肌のバリア機能を低下する原因に。現代においては、「ストレスを溜めないで」というのも無理。「ストレス」とうまくつきあいながら解消することがベストでしょう。

 

最も取り入れやすいストレス対策は、「香り」や「効果的な食事」を取り入れること。リラックス効果のあるアロマや血行促進に効果のある食べ物を取り入れることも、低下したバリア機能を戻すことに効果的です。

 

まとめ

日頃から悩んでいた乾燥肌。これは大きく「バリア機能」が関係していたのです。

 

でも、バリア機能を高めることを意識すれば、乾燥肌は改善。まずは、今使用しているスキンケア商品を見直してみましょう!

 

肌のバリア機能を高めるなら加齢とともに減少する「セラミド」や「コラーゲン」などを配合した化粧品がおすすめです。

 

参考記事:オールインワンゲル化粧品|乾燥肌におすすめはこれ!

 

悩み別オールインワンゲル

しみオールインワンゲル

アンチエイジングオールインワンゲル

毛穴の開きオールインワンゲル

ニキビ予防オールインワンゲル

関連ページ

乾燥肌の原因を理解して潤いのあるお肌を取り戻そう!
乾燥肌の原因からその対策方法、取り入れたい美容成分などを詳しくご紹介しています。乾燥肌の方は是非参考にして下さい。
乾燥肌にはセラミドを与える高保湿ケアをしよう!
乾燥肌というのは、肌の水分を蓄えておくことができない隙間だらけの肌状態ということです。この隙間を埋めてくれるのがセラミドです。乾燥肌はセラミドで高保湿ケアをしましょう。
乾燥肌、敏感肌は食べ物も関係している?|体質改善について
乾燥肌、敏感肌と食べ物の関係について解説しています。乾燥肌や敏感肌の改善を身体の内側から行うためにも食生活の改善がとても重要になります。是非参考にして下さい。
乾燥肌にはコラーゲン?!コラーゲンを含む食べ物と化粧品まとめ
乾燥肌にはコラーゲンが良い!と耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?実際のところはどうなのでしょうか?ここでは、乾燥肌へのコラーゲンの働きから、コラーゲンを含む食べ物、化粧品の選び方についてご紹介しています。
乾燥肌は皮脂を抑える?乾燥肌と皮脂の関係とは?
乾燥肌の改善には皮脂を抑えることが大切?皮脂の役割とはなんでしょうか?ここでは、乾燥肌と皮脂の関係について詳しくご紹介しています。
乾燥肌にはどんな日焼け止めを使えばいい?
紫外線は乾燥肌の大敵です。しっかり紫外線対策をしないと、シミ、シワ、たるみの原因になってしまいます。そこで、乾燥肌の方はどのように日焼け止めを選び、使えばいいのかをご紹介します。